fidff2017 上映作品紹介『ぼくの、メリット』

9/10(日)朝10 :15~11 :45のプログラムでは、MBC南日本放送のドキュメンタリー『ぼくの、メリット』(2016,46min)の上映と、武藤久ディレクターのアフタートークを行います。

 なぜfidffでTV作品?と思われるかもしれませんが、地方局のスポンサーが無いドキュメンタリーの多くはディレクターによる個人制作であること。fidffは「映像作品」を扱う場であること。そして何より、ぜひ多くの人に観てほしい内容であることを理由にプログラムしました。

『ぼくの、メリット』は、自分の存在に虚しさを覚えて中学校に行かなくなり、無表情でスマホゲームに日がな興じる15歳(撮影当時)のこうき君が、トカラ列島の悪石島(あくせきじま)に移住してからの生活と変化を、2年近い取材で丁寧に捉えた作品です。

「ああ、こういう生き方も、全然悪くないよ」と、カメラの向こうから多くの示唆を観る者に与えてくれます。

今年もRKB毎日放送の『抗い』、東海テレビの『人生フルーツ』などのテレビ局制作映画が評判になっていますが、それらの作品に劣らず引き込む力があり、ディレクターの個性が滲み出ている一作です。

武藤ディレクターは、立命館アジア太平洋大学(APU)在学時の作品が、2006年のゆふいん文化・記録映画祭で上映されたのを皮切りに、今年は高円寺にfidffへの招待と、学生時代からコツコツと撮り続け、九州に根ざしながらしっかり結果を出して来た注目の若手ドキュメンタリスト。

不登校児の支援に関わる方、当事者・その家族、テレビ関係者はもちろん、これからドキュメンタリーに挑戦してみたい…という方にぜひご覧頂ければと思います。

詳しい作品情報はこちらから。
http://www.fidff.com/

 

福岡インディペンデント映画祭(fidff)2017を開催致します

今年も9回目となる福岡インディペンデント映画祭2017を
下記のとおり開催する事となりました。


【福岡インディペンデント映画祭2017開催概要】
2017年9月7日(木)~9月10日(日)
10:00~21:30 ※入場は19:30まで
福岡アジア美術館(福岡市博多区下川端町3-1)
1日券: 1000円(替玉付)  / フリーパス2000円
※1日券は別日も1回入場できる「替玉」券付
※高校生以下無料 ※大学生・専門学校生半額

【お問い合わせ】  福岡インディペンデント映画祭事務局
TEL:092-741-4505 / e-mail:info@fidff.com

今年はコンペティションを開催しておりませんでしたが、これまでの受賞監督による特集上映と招待作品上映、映像の世界をもっと深く知ることができるゲストによるトークイベントなど、今年もたくさんの映画とたくさんの人に出会い、映像の楽しさと、映像制作をもっと身近に感じてもらえる4日間となっており、41作品のFIDFF未上映作品を含む68作品を上映いたします。

是非、今年も『福岡インディペンデント映画祭2017』へお越しいただき、素敵な作品と人との出会いをお楽しみ頂けましたら幸いです。
スタッフ一同、みなさまのお越しを心よりお待ち申しあげております。

福岡インディペンデント映画祭 代表 金石智宏

釜山国際短編映画祭(BISFF)のご案内

今年もFIDFFより、釜山国際短編映画祭(BISFF)に推薦し招待作品として上映していただくことになりました!

FIDFF2012優秀作品より、『大きな財布』(杉田真一監督)『櫻本箒製作所』(告畑綾監督)の2作品です。

2作品の上映スケジュールなど、下記をご参照下さい。

http://www.bisff.org/

・・・・・・・・・・・
『近くて不慣れな・가깝고도 낯선』 (アジア招待セクション)の上映日程。

5/5(月): 12:00, 映画の殿堂/小劇場

5/6(日) : 20:00, 映画の殿堂/シネマテック館 (GV)

GVは日曜日の夜、一回を予定しております。

杉田監督がGVにご参加されます。

プログラム詳細は未定で、上記の時間は多少変更になる可能性があります。

他の関連行事。

・5/2(木) 19:00予定  開幕式: (映画の殿堂/ハヌルヨン劇場 )
・5/2(木) 21:00予定 開幕式レセプション : (映画の殿堂/Biff Hill)
・5/3(金) 12:00予定 オペレーション・キノ上映 : (映画の殿堂/小劇場)
・5/4(土) 14時~16時 Open Talk “短編映画の役割とビジョン” : (映画の殿堂/シネ・ラウンジ)
・5/4(土) 20:00 30周年、ホームカーミング・パーティ : 野外
・5/6 (日)19:00予定 閉幕式: (映画の殿堂/中劇場)

★FIDFFのコンペティション募集は4月30日までとなっております。
こちらも引き続きよろしくお願い致します。

福岡インディペンデント映画祭2013 作品募集

 

あけましておめでとうございます。

今年度コンペティション応募作品は1月1日より4月30日まで受付致します。
より万全な体制で9月開催を迎え、5周年となるアニバーサリーイヤーを盛り上げてまいります。

コンペティションエントリーはこちら > http://www.fidff.com/

昨年はCALF・KOO-KI・文化庁メディア芸術祭など多くの特集上映を行う事が出来、飯塚監督のワークショップや、特別ゲストと致しまして犬童一心監督にご来場頂き、カフェトークにて受賞作品の講評を頂き、とても充実した6日間となりました。
また釜山の映画祭との交流もとても活発なものとなり、今後より深く若手の育成と交流を深めてまいりたいと思います。

FIDFF2012のレポートはこちらにてご確認頂けます > http://www.fidff.com/com/fes.html

順次ホームページも5周年にむけてリニューアルしてまいります。
また改めまして本年度も福岡インディペンデント映画祭をよろしくお願いいたします。

福岡インディペンデント映画祭事務局

いよいよ6日より映画祭開幕!

いよいよFIDFF2012が今週6日木曜日より開幕します。

FIDFFは2009年より始まりましてまだ4年の規模も小さな映画祭ではございますがスタッフと支援者全員の映画愛のみで成り立っております!

昨年に引き続きCALFとKOO-KIという日本の実験映像とエンターテイメントにおける開拓者達による特別上映と、そのジャンルの祭典であります「文化庁メディア芸術祭」の特集上映も行います。

コンペティションは年々層が厚くなり、今年のグランプリ・優秀作品はいずれもインディペンデントといった枠を越えた秀作揃いとなっております。

また昨年グランプリを受賞し、 ASIAN KUNG-FU GENERATIONの特別番組「M-ON! MONTHLY ICON ASIAN KUNG-FU GENERATION」オープニング映像を手がけられるなど、話題沸騰「ENCOUNTERS」の飯塚貴士監督をお迎えして初のワークショップを行います。
4日まで参加者を受付けておりますので是非この感動体験にご参加ください♪

https://sv69.xserver.jp/~simple/fidff.com/contact.html

他、特別上映と致しましては原発問題で揺れる祝島を題材とした「祝の島」。
黒澤清監督が認めたアジアをまたにかけるリム・カーワイ監督の「アフター・オール・ディーズ・イヤーズ」。
京築のスピルバーグ!橘 剛史監督の「コクのある小屋」最終章など盛りだくさん。

カフェトークには、7日17時よりCALFより水江未来監督が、8日は韓国・釜山のインディペンデント映画特集と共に15時より映画都市・釜山の映画人を御招きします。
9日には釜山でのご縁ありましてご招待となりました、話題作「のぼうの城」の犬童一心監督をお迎えしてFIDFF2012グランプリ作品の講評をお願いさせて頂きました。

今年より有料のイベントとなってしまいましたが6日間500円のフリーパスで全上映をご堪能頂けます♪

4年目にして国内で最高にとんがった作品を取り揃える事が出来ました!
是非、映像業界を志す方のみならず、楽しんでいただけましたら幸いですm(__)m

FIDFF2012タイムテーブル&招待作品を追加!!

さぁ!お待ちかね招待作品の情報を掲載させて頂きました!

今年の招待作品プログラムは、以下の通り!
いづれも大注目の作品ばかりです!

「KOO-KI SPECIAL!!」
昨年に引き続き、江口カン監督も所属する映像制作集団KOO-KIより特集上映を行います!
http://www.fidff.com/com/2012-01i.html

「JMAF Program 120min.」
文化庁メディア芸術祭より昨年度[第15回]文化庁メディア芸術祭の受賞作品を中心に22点を上映いたします。
http://www.fidff.com/com/2012-02i.html

「CALF SELECTION」
こちらも昨年度に引き続き、CALFの最新作品をセレクトしてお送りいたします!昨年福岡でトークをしてくださいました和田淳監督の「グレートラビット」も上映されますので必見!
http://www.fidff.com/com/2012-03i.html

「アフター・オール・ディーズ・イヤーズ」
「マジック&ロス」(2010)、「新世界の夜明け」(2011)など注目作を発信しているリム・カーワイ監督の長編デビュー第一作にして黒澤清監督大絶賛の本作を特別上映します。
★8日のホ-ル上映後には監督のゲストトークも行います!
http://www.fidff.com/com/2012-04i.html

「祝の島」
山口県上関町祝島の対岸に原子力発電所の建設計画が持ち上がって以来28年間反対を続けている島民の姿を追い求めたドキュメンタリー作品を特別上映いたします。
★上映後、本作にて【第19回 JSC賞】(日本映画撮影監督協会)を受賞されました大久保千津奈さん(撮影)をお迎えして、井口正俊(日時計の丘・代表)との座談会を行います。
http://www.fidff.com/com/2012-05i.html

「コクのある小屋」
昨年のFIDFFで4話まで上映し、好評だった橘剛史監督×劇団風雷望による連続短編作品集の1~10話まで一挙公開いたします
★上映後、橘剛史監督と劇団風雷望のみなさんによるゲストトークを行います。
http://www.fidff.com/com/2012-06i.html

「映画都市・釜山より招待作品上映」
姉妹映画祭である釜山独立映画協会から優秀作品を3作品。
昨年FIDFF2011にご来場頂きましたMin Byung Woo監督が、来福された時に制作された「Time Traveler」。そして釜山の各大学生チームが釜山国際短編映画祭の協力で制作した5作品を招待上映いたします。

追ってカフェトークの情報と、ワークショップの情報、ネットショップに今年のFIDFF2012Tシャツ(FIDFF2012フリーパス付)の購入ページに追加致しましたら詳細お知らせいたします♪

引き続きFIDFFホームページへご注目下さい!!!

http://www.fidff.com/

FIDFF2012コンペティション結果発表!!

お待たせ致しました。
FIDFF公式ページにて今年度コンペティションの審査結果を発表しております。

http://www.fidff.com/

今年は昨年を上回る応募総数86作品。しかも長編作品が充実した年となりました。
またこれまで以上にクオリティが高く、個性的な作品が集まっております!

近年は「画」や「音」といった技術面がまずしっかりしている作品が多いのですが、
感情を揺さぶられるような「本」を持った作品が高く評価されたように思います。

受賞の有無に限らず個々の作品に光る部分が多くありましたので、
9月の開催までに引き続き各作品の見所などをご紹介させて頂きます。

9月6日~11日のFIDFF2012を楽しみにお待ち下さいませ!

ゲストトーーク④※要予約

最終日9/13(火)19:30~20:30の最終プログラム閉幕イベントです!

こちらも要予約のイベントとなります!

こちらは、舞踏家・原田伸雄と映像作家・黒岩俊哉とのコラボレーション企画。FIDFF閉幕イベントです!

舞踏と映像がおりなす、即興性を追求した実験実演パフォーマンスです!

まさにインディペンデント映画祭閉幕にふさわしい実験的イベントです!

この二人のコラボレーションは本当に一見の価値ありです!

要予約なのでお見逃し無く!

9月1日の西日本新聞(朝刊)にFIDFF開催を掲載していただきました(^O^)/

今日の西日本新聞(朝刊)にFIDFF開催を掲載していただきました(^O^)/

ありがとうございますm(__)m

●訂正です。

× 映像作家の黒岩俊哉と舞踏家の原田信雄によるコラボレーション公演(13日午後6時半)

の時間が間違いです。

正しくは、

〇 13日午後7時半

から開演。

20時半 終演予定です。

深くお詫びし、訂正します。まことに申し訳ありませんでした。

ゲストトーーク③※要予約!

さあさあさあさあ!こちらは要予約です!

日曜日12時~14時にはあの!江口カンさんの登場です!

以下紹介文です。

`67年福岡生まれ、CMや短編映画、ドラマなどの演出を手がける。
人間のひた向きな姿を繊細かつダイナミックに描くことに定評がある。`09年カンヌ国際広告祭金賞、Boards Magazine(カナダ)「Directors to Watch」選出。`10年&`11年クリオ賞(US)審査員。
今回はこれまでに手がけてこられた作品上映と共に監督との談話をお楽しみ下さい。

あのカンヌ国際広告祭金賞受賞です!他にも多数の作品を手がけられています!

です!もう説明不要です!あの江口カンさんのトークイベントくるっきゃない!です。

本当に要予約です。予約はホームページお問い合わせフォームか往復はがきにて承ります!

先着順です!大変人気となります!お早目のご予約お願い致します!