量子の夏 

RYOKO'S QUBIT SUMMER 

近藤勇一 

KONDO Yuichi 

上映時間 : 17.30min

制作年 : 2018


量子コンピュータ内に作られた実験世界カヌマ。ある時、一部の住人AIが人間に理解できない言葉で会話を始めた。
恐怖した開発者たちは急遽カヌマの削除を決定する。AIと人間の恋の行方を描きつつも人間世界の進化を新たな視点で見つめる。
「鹿沼に行きたくなるショートフィルム」企画として制作されたのに鹿沼(カヌマ)最後の日を描く百合SF短編。 

  

監督のコメント

入道雲や夕焼けの町なみに怪獣の姿を幻視していた小さな瞳は、今やすっかり老眼ですが、自分の想像力にはやっとピントが合いだした気がします。撮影はオートフォーカス併用ですが(笑) 

予告編


監督の経歴

小学生の時に怪獣映画に憧れて父の8ミリフィルムカメラで撮影を始める。しかし仕事を始めてみるとアイドルDVDの撮影・編集ばかり。 女は最強の怪獣と解釈しアイドル枠で短編映画を撮るようになる。2008年に交通事故に遭い、しばらくリハビリ期間をすごすが、それを機に仕事をCG・VFX中心へと移行。 現在では映画、ドラマ、CM、MVや各種VPのCG・VFXを手掛けている。しかし今でもきゅんきゅんするような女性アイドル撮影はうまいつもりでいる。

スタッフ一覧

出演者
出演者1:山田あみ(量子役)
出演者2:ひなこ(ナツ役)
出演者3:宮瀬ひなの(AIリーダーのサヤノ)
出演者4:小松未来
出演者5:望月美結
出演者6:福井裕佳梨(声の出演)
出演者7:水野博章(声の出演) 

監督・脚本・撮影・編集・VFX:近藤勇一
音楽:高橋克行
助監督:高橋雄弥
照明・録音:板垣幸秀
録音助手:紙野恭彰
アーティストマネージャー:東野陽一(ソレイユ) 


近藤勇一  監督の作品一覧

受賞 作品名 監督名 上映時間 制作年 字幕 予告編 備考
量子の夏  近藤勇一  17.30min 2018